スマイルゼミ

スマイルゼミの理科はいつから受講できるの?どんなことを学ぶの?学年別にまとめてみた!

投稿日:

スマイルゼミ小学生コースは、基本5教科(国語・社会・数学(数学ドリル)・理科・英語)に加えプログラミング講座が学べて月額2980円(税抜)から始めることができます。
2017年のイード・アワード通信教育部門で小学生タブレット顧客満足度最優秀賞を獲得しています。
体験会なども各地で行っているので是非お子様と実際に使って夢中になる仕組みを体験してみてくださいね。

スマイルゼミ理科

さらに、学習習慣定着率89%、学力向上実感度93%と今話題の学習方法です。
そんな、スマイルゼミの理科は、「いつから受講できるの?」「どんなこと学ぶの?」と気になっている方が多いようです。
今回は、学年別にまとめてみましたのでご紹介します。
最後までご覧ください。

スマイルゼミの理科はいつから受講できるの?

スマイルゼミの理科は小学3年生から受講することができます。
小学3年生では、学習の偏りをなくして「苦手分野」を作らせないような学習方法を提案しています。
さらに、日々の学習の中で“自ら疑問を見つけ、考え、解決に導く力”を養うことで学びの幅をぐんと広げることができます。
さっそくスマイルゼミの理科では学年別にどのようなことを学ぶのか見ていきましょう。

小学3年生コースで学ぶこと

3年生の理科では、身近な昆虫や植物の体の作りや成長の様子や、物の重さや磁石のはたらきなどを学習します。
観察や実験を体感しながら、生き物の変化や理科の現象に関心を持ち、自分で調べたり、考えたりする力をつけることが目標です。

【自然観察】
実験・観察などの「触れる」「試す」といった体感学習を重視し、理科学習の土台を築きます。

理科

理科の内容

自然観察

学校の授業では、実際に昆虫や植物に触れたり、成長過程の変化などが捉えにくいことが良くあり想像できないことで苦手意識につながってしまいます。
この教材は、豊富な写真や動画で物の性質や働きを観察・比較する力を養い、お子様の科学への興味を高めていきます。
是非スタートダッシュを決めていきたいですね!

【光のはたらき】
物理は日常であたりまえに起きている現象の原理を解くことであり、とても苦手意識を持ちやすいですよね。
そんな物理の分野をゲーム的要素を交えて楽しく学びます。

光のはたらき

物理的な事象や原理をゲーム感覚で楽しみながら学ぶことで興味を高めます。
そのため難しい印象を与えることなく関心を持ったまま学習することができます。
光の屈折の仕方も実際に動かしながら学べるのでわかりやすいですね!

【要点チェック】
理科といっても範囲が広いため、昆虫や植物は得意だけど光の屈折のような物理の分野はちょっと苦手というように一部に対して苦手意識持っている人のいますよね?
このような苦手意識を持っている人でも、楽しみながら繰り返し挑戦できるミニゲームで用語や項目を自然に身につけることができます。
この「要点チェック」機能は各学年、それぞれの学びについて用意されていますので予習や復習にもってこいですね!

要点

要点チェック

ミニゲーム形式の教材は問題が毎回シャッフルされるため繰り返し学習でき、さらに毎月配信されるというから嬉しいですね。

小学4年生コースで学ぶこと

4年生の理科では、月や星の位置の変化、運動、伝達、水の状態変化などを実験を通して疑似体験することでより深く知ることができます。
さらに、多彩なアプローチで興味・関心を高めていきます。
一般的に小学4年生頃から学力に差が出始め、一気に学力が下がったと感じるお子様が多くなります。
理解をしたつもりで次にいくのではなくしっかり予習・復習してひとつひとつ確実に理解を高めていきましょう!

【粒子・エネルギー】
バーチャル実験により実験の過程や条件などの変化で対象がどのように変化していくのか、正しい知識を定着させ、深く理解していくことができます。

エネルギー

【自然】
春夏秋冬を学び、季節ごとに生き物の食、暮らしや育ち方などをタブレットで再現し季節ごとの違いを理解していきます。

自然

小学5年生コースで学ぶこと

5年生の理科では、振り子や電磁石、植物や天気など学習内容が多彩になります。
これらの題材を実験や観察から、変化と規則性を見つけ出す力を強化していきます。

【実験・疑似体験】
実験や観察で原理が分からないと、面白さに気付くことができず苦手意識が高くなってしまいます。そのため、対象に関心をもって取り組むことが大切になります。

実験

「振り子の長さが違うと重さや振れ幅を一緒にしても往復する時間が違うのはなぜだろうか?」「振り子の動きは見ていて楽しい」など分かりにくい部分や興味を持った部分は、アニメーションで繰り返し実験を再現できるため変化や規則性などに気付くことができるようになります。
考えるスピードはお子様ごとに違うため自分のペースで取り組むことができるのは嬉しいですね!

【めだかのたまごとたんじょう】
生物の誕生や成長過程などの生物観察は、限られた授業時間では理解度に差が出たり、物足りなさを感じることありますよね。

めだか

たまごのたんじょう

顕微鏡などの実験器具の使い方はバーチャート実験を通して学ぶことができ、じっくりと経過を観察することで変化とその理由を考えることができます。
顕微鏡などは学校でも数が限られているので一人が扱う時間が短くて変化を見ることはもちろんじっくり観察することはできませんよね!

小学6年生コースで学ぶこと

6年生の理科では、燃焼や生物のからだ、月と太陽の関係など、さまざまな事象をもとに推論し問題に対する答えを見つけ出す力を養います。

【月と太陽の関係】
学校の授業では、月の満ち欠けの観察はできません。
そのため、その仕組みを理解するには高度な力が必要になります。
よく下敷きで太陽を見たりしていましたが目にとって良くないのでやめましょうね!

月

太陽

月と太陽の位置関係による変化を電球とボールを使ったモデルで実験をし、月の満ち欠けの仕組みを直感的にわかりやすく理解することができます。

 

【楽しく反復】
実験や観察に積極的なお子様もいれば消極的なお子様もいますよね!
消極的なお子様の場合、理科は苦手意識を持ちやすいです。
関心を持ち、自ら学び、楽しいと思えることが大切なのです。

復讐

反復学習

学習した用語を使ったミニゲーム形式の教材によりしっかりと要点をチェックしながら、“楽しく反復学習”に取り組むことができます。
勉強も遊びも楽しみながらすると身につきますね!

中学生コースになるとバーチャル実験での勉強もスタート

スマイルゼミの理科は中学生コースになるとアニメーションや動画による「バーチャル実験」での勉強が始まります。
バーチャル実験ってどのような学習方法なのでしょうか?
ということで、さっそく学年別にどのようなことを学ぶのか見ていきましょう。

中学1年生で学ぶこと

自然界での不思議や身近な謎を視覚的・感覚的に捉えながら解明することで理解を深めます。

【凸レンズの見え方を把握】
レンズと対象物の位置によって見え方や象の大きさが変わるのが難しいです。
そのため、紙の教材で予習・復習すると混乱してしまうのです。

凸レンズ

対象物の位置を自らペンで動かし、像がどのように変化するのかを何度もシミュレーションで確認することができ原理・仕組みを直感的に身につけることができます。
アニメーションで見るとわかりやすいですね!

【実験を映像で解説】
実際の観察やグラフの読み取り、計算、作図など多岐に渡る一方イメージしづらい内容も増えていきます。

映像で解説

実験の問題は、リアルな実験の映像を確認し学ぶことで問題の意図を理解できるようになります。授業でも実験はありますが、限られた時間の中で行うため理解できる前に終わってしまうことがありますよね?
これなら何度も繰り返し確認できるのでその心配はないですよ!

【溶解度曲線の意味を理解】
グラフの読み取りが必要不可欠ですが、実験器具がなければ実感を伴った理解や現象との関連付けが困難です。

溶解度曲線

ここで、「バーチャル実験」は現象とグラフの変化をイメージするのに効果的です。
仕組みを理解しイメージできるまで繰り返し確認することができるバーチャル実験って画期的ですね!

中学2年生で学ぶこと

中学2年生の理科は、電流、化学反応、気象関係などつまづきやすい単元が続々出てきます。
これらをアニメーションや動画による「バーチャル実験」で現象を確実に捉えます。

【飽和水蒸気量・湿度】
気温と飽和水蒸気量の関係を理解出来ていないと気温による変化をグラフから読み取る問題は苦手になりがちです。
どのようにしたらきちんと理解できるでしょうか?

飽和水蒸気量

アニメーションのスライドを動かすことにより気温を変え、コップにつく水滴をシミュレーションで確認できます。
リアルでは再現するのに時間がかかる実験も「バーチャル実験」ならあっという間にできます。
そのため、グラフを直感的に読み取れるまで繰り返し学習することができます。

【オームの公式】
オームの公式を用いた計算問題は、きちんと理解していないと必ずつまずきます。
2年生で一番苦手なお子様が多いと言っても過言ではありません。

オームの公式

映像授業では、オームの公式の活用方法をわかりやすく伝授してくれます。
その場で理解できなくても反復トレーニングで計算問題を繰り返し行うことでしっかり記憶に定着することができます。
これで、周りのお子様より一歩前に出ることができますね!

中学3年生で学ぶこと

イオン・遺伝・天体などの内容は動かして試す「バーチャル実験」で理解力を高めます。
苦手分野になりがちな単元ですが苦手意識を克服し高得点が取れるようになります。

【太陽と月の位置関係】
太陽・月・地球の3つの天体は、実物の位置関係が見通しにくいため相互の関わりをしっかり理解できていないと間違えやすい単元になります。

太陽と月

太陽・月・地球の3つの天体の位置関係や動きを“動かせるワーク”で見え方の変化をさまざまに試すことで、視覚的に捉えることができます。
相互関係がとてもわかりやすいので理解できますよ!

【原則】
重りや滑車を用いた計算問題は、以前まで高校で扱われていた高度な内容ですが、良く出る割に敬遠されがちです。
活字のみで理解するのはとても難しいです。

仕事の原理

仕事の原理・原則は、読むだけで理解するのはとても困難です。
そのため、アニメーションを取り入れて解説することで直感的に理解するまで何度も繰り返し確認することができます。
難しいと思うのは皆同じですので差がつきやすいところです。
頑張ってください!

【用語が覚えられない】
覚えにくい用語は暗記カードでしっかり暗記します。
間違えた用語だけを覚えるまで繰り返し出題するので効率良く覚えることができます。
かなり時短できるので他の教科の学習時間が確保できますね!

覚えにくい用語

3 年生の理科用語は約400語もあるんです!
その用語を全てカバーしています。
さらに、入試対策には、1年生・2年生の範囲を含め約1300語を暗記することができます。
高校受験も怖いもの無しですね!

まとめ

最後まで、読んでいただきありがとうございます。
今回は、スマイルゼミの“理科”を各学年別に紹介しましたがどうだったでしょうか?
理科は時間のかかる実験による単元などが多くて苦手意識を持たれるお子様が多くいるようです。バーチャル実験では、あっという間に変化を確認することができるため理解しやすくとても楽しいです。
また、繰返し学習することで必ず記憶に定着させることができます。
高校受験にも効果的ですよ!記事を読んで少しでも気になった方は是非無料の資料請求をしてみてくださいね。


総合人気ランキング!
スタディサプリ
小学生~大学受験生まで月額980円で学び放題!
スマイルゼミ
デジタルと紙の両方から選べる!
z会
通信教育の大手!評価も高い!
進研ゼミ
分からない事はすぐ質問出来る!サポート充実。
学研ゼミ
体験型学習で勉強の基礎が作れる!

-スマイルゼミ
-,

Copyright© ネット塾比較・ランキング/オンライン学習教材・映像授業 , 2019 All Rights Reserved.